イン マイ ルーム.COM

duffey.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 22日

(Take Me In Your) Lifeboat-Chris Hillman

e0239934_1871154.jpg
1965年日本ではフォークロック・バンドと呼ばれた The Byrds を皮切りに、ウェスト・コースト・ロック畑のバンドを「作っては壊し」てきた、私の大好きなアーティスト Chris Hillman

その彼1976年にして初めてのソロ・アルバム Slippin' Away から (Take Me In Your) Lifeboat

全体ではもちろんウェスト・コースト雰囲気いっぱいのロック・アルバムですが、終いの10曲目に突然この曲なんです違和感100%

この曲ブルーグラス・ファンなら Foggy Mountain Boys でお馴染みですね、またこのメンツがたまんない・・・・

Byron Berline - fiddle.bass vocal
Bernie Leaden - guitar.baritone vocal
Herb Pedersen - banjo.vocal
Chris Hillman - mandolin.lead vocal
Lee Sklar - bass
Bong Son Lala - cardboard box

[PR]

# by duffey | 2017-06-22 06:13 | ブルーグラス | Comments(0)
2017年 06月 18日

Lemon Tree - Trini Lopez

e0239934_1693347.jpg
この曲、元はブラジルのフォークソング、1961年キングストン・トリオがカバー、その後1962年ピーター・ポール&マリーがデビュー・シングルとして発表ヒットした、

父親から「失恋して男は学習するんだよ」って云われたっけ〜・・・なんて内容の歌か??

ここでも彼独特のビート「トリニ・ロペス・サウンド」が快調・・・


[PR]

# by duffey | 2017-06-18 09:15 | フォーク・ソング | Comments(0)
2017年 06月 16日

If I Had a Hammer - Trini Lopez

e0239934_14313698.jpg
ピート・シーガーの作品で、アメリカの代表的な「フリーダム・ソング」のひとつ、If I Had a Hammer(邦題:天使のハンマー)

ご存知のとおり、1960年代ピーター・ポール&マリーの代表曲のひとつです

1963年このトリニ・ロペスのヴァージョンもヒットしました、こちらはナイトクラブでのライブ・レコーディング、彼独特のビートは当時「トリニ・ロペス・サウンド」と呼ばれ人気を博しました


[PR]

# by duffey | 2017-06-16 06:15 | フォーク・ソング | Comments(0)
2017年 06月 12日

Won't You Call Me Darling-Country Gazette

e0239934_1623310.jpg
Sierra Records からご覧のサンプルCDが送られてきた、全12曲そのうち未発表音源が数曲

Country Gazette の未発表音源の Won't You Call Me Darling、この曲 The Kentucky Colonels の Bluegrass America のB面に挿入されていた Leroy Mack の作品

1972年となっているから Country Gazette オリジナル・メンバーのテイクのようです、残念なことに終わりの数秒音に乱れが・・・


[PR]

# by duffey | 2017-06-12 06:14 | ブルーグラス | Comments(0)
2017年 06月 08日

Virginia Bluebell- Eddie Adcock

e0239934_2201078.jpg
このアルバム聴いて、2007年12月9日渋谷 JZ Brat での エディ&マーサ・アドコックwithトム・グレイのステージを思い出した・・・

1957年にカントリー・ジェントルメンにバンジョー奏者として参加、1970年まで黄金時代を支えたエディー・アドコック幻の音が Patuxent Music からリリース、バンジョー奏者必携のアルバムでしょう

そこから1曲 Virginia Bluebell、そう聴けばすぐあ〜あの曲ねっ!


[PR]

# by duffey | 2017-06-08 06:06 | ブルーグラス | Comments(0)