イン マイ ルーム.COM

duffey.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2017年 07月 28日

Mixed Up Mess of a Heart - Flatt Lonesome

e0239934_21232220.jpg
牧師を父親に持つ Robertson 3姉弟、 Kelsi、Buddy、Charli を中心としたブルーグラス・バンド Flatt Lonesome

クラシックとプログレッシブなブルーグラス、カントリー・サウンド、そしてゴスペル、と幅広いレパートリーのバンドのようです

前回記事のアルバム Runaway Train から
Mixed Up Mess of a Heart

余談ですが、BOMサービスさんのFBで第28回 IBMA の情報がありました、このバンド Flatt Lonesome が [年間最優秀エンターテイナー]、[年間最優秀ボーカルグループ]にノミネートされたそうな。

Kelsi Robertson Harrigill – mandolin, vocals
Charli Robertson – fiddle, vocals
Buddy Robertson – guitar, vocals
Paul Harrigill – banjo
Dominic Illingworth – acoustic bass
Michael Stockton – resophonic guitar





[PR]

by duffey | 2017-07-28 06:14 | ブルーグラス | Comments(0)
2017年 07月 24日

Still Feeling Blue - Flatt Lonesome

e0239934_17571873.jpg
2014年IBMA年間最優秀新人賞、さらにボーカル・グループ・オブ・ザ・イヤー、このアルバムでアルバム・オブ・ザ・イヤー、アルバム収録曲 Dwight Yoakum の“You’re The One,” でソング・オブ・ザ・イヤー獲得と大活躍のフラット・ロンサム

2015年のアルバム Runaway Train からカントリー・ガゼットでおなじみグラム・パーソンズの Still Feeling Blue


[PR]

by duffey | 2017-07-24 06:11 | ブルーグラス | Comments(0)
2017年 07月 15日

Huckleberry Hornpipe - Country Gazette feat.Clarence White

e0239934_6443240.jpg
酔っ払いの車に撥ねられ事故死してから今日7月15日で早や44年の Clarence White、健在であればまだ73歳! 誠に惜しい、悔しい・・・

Country Gazette 1973年のアルバム "Don't Give Up Your Day Job" にクラレンスを招いてのテイク Huckleberry Hornpipe があります、この曲に何度針を落として聴いたことか、1分34秒〜2分19秒で聴かれるクラレンスのギター・プレイ、圧巻ですっ!


[PR]

by duffey | 2017-07-15 06:44 | ブルーグラス | Comments(6)
2017年 07月 12日

By The Time I Get To Phoenix - Glen Campbell

e0239934_1243548.jpg
以前のブログ記事から、1965年ジョニー・リバースがアルバム 'Changes' で歌ったBy The Time I Get To Phoenix (邦題:恋はフェニックス)

その後1967年グレン・キャンベルがカヴァー、シングル発売し大ヒットした、と云う曲

日本のレコード会社がどう云うわけか、恋は不死鳥みたいなタイトルをつけたのには理解できない、私も最初は恋を礼賛した曲だと思った記憶が・・・

作者はジミー・ウェッブ


[PR]

by duffey | 2017-07-12 06:22 | カントリー | Comments(0)
2017年 07月 10日

Funny How Time Slips Away - Glen Campbell & Willie Nelson

e0239934_22105912.jpg
前回記事 Glen Campbell のアルバム「Adiós」から ウィーリー・ネルソンとのデュエット Funny How Time Slips Away

この曲ウィーリー・ネルソンの作品、1961年カントリー・シンガー、ビリー・ウォーカーによって歌われヒットした、カントリー以外でもエルヴィス・プレスリー、ペリー・コモ、ブライアン・フェリーなどジャンルを問わず歌われている。

Glen Campbell と云えば、私の好きなポップ・バンド The Beach Boys へ、ブライアン・ウィルソンの代わりとして1964年から数ヶ月間ベーシストとしてツアー公演に参加、そして名盤「ペット・サウンズ」にギター奏者としても参加していました・・

このアルバム以降ご本人のヴォーカルが聴けないとは寂しい限りです。


[PR]

by duffey | 2017-07-10 06:10 | カントリー | Comments(0)
2017年 07月 07日

Everybody's Talkin' - Glen Campbell


e0239934_14194253.jpg
2011年アルツハイマー病と診断されたカントリー・ミュージックの大御所 Glen Campbell 御年81歳

2012年病状が進行する前に理解ある友人カール・ジャクソンのプロデュースの元、ラスト・アルバムとしてスタジオ録音された 「Adiós」 が今年2017年6月リリースされました。

ゲストには長年曲を提供してきたジミー・ウェッブ、ヴィンス・ギル、そしてウィーリー・ネルソンが・・・

アルバムから1曲、フレッド・ニールの作品でハリー・二ルソンがヒットさせた Everybody's Talkin'(邦題:うわさの男)、映画「真夜中のカウボーイ」(1969年)の主題歌でもありました。


[PR]

by duffey | 2017-07-07 06:17 | カントリー | Comments(0)