イン マイ ルーム.COM

duffey.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2012年 06月 08日

Tomorrow Is A Long Time-Chris Hillman

e0239934_22394822.jpg
相次いでの訃報です、Douglas Dillard さんが5月16日亡くなっていたんですね。享年75歳。

再び Chris Hillman のアルバムから前回記事の曲 Tomorrow Is A Long Time

ディランさんの曲で音楽ムービーをYouTubeにアップしましたが、著作権者よりブロックされてしまいました・・・


[PR]

by duffey | 2012-06-08 00:05 | ブルーグラス | Comments(4)
2012年 06月 06日

Tomorrow Is A Long Time-RED WHITE & BLUE

e0239934_20252880.jpg
以前のブログ記事のバンド RED WHITE & BLUE の1st アルバム "PICKIN' UP!" から Tomorrow Is A Long Time を、この曲1963年ボブ・ディランさんが書いた曲ですが、最初に取り上げたのは "イアン & シルビア" だそうな・・・・・

Grant Boatright-lead guitar
Ginger Boatright-vocal,tamborine
Dale Whitecomb-banjo
Dave Sebolt-vocal,bass
Vassar Clements-fiddle
Byron Berline-fiddle,mandolin
John Raines-percussion

[PR]

by duffey | 2012-06-06 00:05 | ブルーグラス | Comments(6)
2012年 06月 04日

Gathering Buds-Doc Watson

e0239934_21101940.jpg
また訃報メールを受信、Flying Burrito Brothers のオリジナル・メンバー Chris Ethridge が5月23日亡くなりました、享年65歳。合掌。

本題です。
Doc Watson 1989年のゴスペル・アルバム "On Praying Ground" から Gathering Buds を、この曲の3番のコーラスでドックが声を詰まらせる箇所があります、 billmon45 さんが教えて下さいました、仰るとおり事故死したマールを思い・・・でしょうか。

このブログでは極力ゴスペルは避けています、クリスチャンではない私がゴスペルを述べる知識が無いと云う理由だけですが、ただブルーグラス音楽とゴスペルの関係は密接ですよね・・・

Doc Watson-vocal,guitar,banjo,harmonica
このアルバムにはドックの他、以下の方々が参加してます
Jack Lawrence-guitar
Stuart Duncan-fiddle,mandolin,vocal
Jerry Douglas-dobro
Sam Bush-mandolin
Roy Huskey,Jr-bass
T.Michael Coleman-bass
Alan O'Bryant-vocal
Roland Whte-vocal

[PR]

by duffey | 2012-06-04 00:05 | ブルーグラス | Comments(2)
2012年 06月 02日

Here Today And Gone Tomorrow-The Classic Country Gentlemen

e0239934_9505051.jpg
1989年にリリースされたカントリー・ジェントルメンのリユニオン・アルバム "Classic Country Gents Reunion" から Here Today And Gone Tomorrow

ゲストにマイク・オールドリッジさんを迎えてる影響でサウンドはセルダム・シーン・・・・お歳のせいじゃないと思いますが、カントリー・ジェントルメンの”音”は期待できません・・・残念ながらこのメンバーのなかで既にお二人が旅立ってますねぇ・・・・
John Duffey-vocal,mandolin
Charlie Waller-vocal,guitar
Eddie Adcock-vocal,banjo
Tom Gray-vocal,bass
Guest-Mike Auldridge-dobro

[PR]

by duffey | 2012-06-02 00:05 | John Duffey | Comments(0)