カテゴリ:ブルーグラス( 245 )


2016年 09月 05日

The Partner Nobody Chose-Luke Bulla

e0239934_1565074.jpg
fiddler, singer and songwriter の Luke Bulla、ブライアン・サットンのプロデュースによる2016年のソロ・アルバム「Who Loves You Better」、そのアルバムからガイ・クラークとロドニー・クロウェルの共作 The Partner Nobody Chose、バックのサポートにはシャロンとシェリルのホワイト姉妹の名前が。


[PR]

by duffey | 2016-09-05 06:07 | ブルーグラス | Comments(0)
2016年 08月 29日

Climbing Up A Mountain-Hot Rize

e0239934_13402171.jpg
1989年に解散した Hot Rize、その後1996年彼らの本拠地コロラド・ボルダー・シアターで行われたリユニオン・ライブ・アルバム 「So Long Of A Journey」から前回記事の曲 Climbing Up A Mountain


[PR]

by duffey | 2016-08-29 06:03 | ブルーグラス | Comments(0)
2016年 08月 24日

Climbing up a Mountain-Jeff White

e0239934_16581186.jpg
前回記事、Jeff White 2016年のソロ・アルバム Right Beside You からもう1曲 Hot Rize のリーダー格 Tim O'Brien の作品 Climbing up a Mountain

The Earls of Leicester ではマンドリン、ヴォーカルのソロは一切なしの黒子に徹していますが、ここではそのうっぷんを思う存分晴らしてるんじゃないでしょうか、と思うのは私だけか・・・
Jeff White: Guitar, vocals
Charlie Cushman: Banjo
Michael Cleveland: Fiddle
Jerry Douglas: Dobro
Barry Bales: Bass
Vince Gill: Mandolin,Harmony vocals


[PR]

by duffey | 2016-08-24 06:03 | ブルーグラス | Comments(0)
2016年 08月 22日

Blue Trail of Sorrow-Jeff White

e0239934_1535196.jpg
ジェリー・ダグラス率いる The Earls of Leicester へ、ティム・オブライエンの後釜として加入している Jeff White 2016年久しぶりのソロ・アルバム Right Beside You

そのアルバムから自身の作品 Blue Trail of Sorrow、バックにはかつてのボス、ヴィンス・ギルもハーモニー・ヴォーカルで参加
Jeff White: Guitar, vocals
Charlie Cushman: Banjo
Michael Cleveland: Fiddle
Laura Weber Cash: Twin Fiddle
Jerry Douglas: Dobro
Barry Bales: Bass
Dan Tyminski: Mandolin
Vince Gill: Harmony vocals


[PR]

by duffey | 2016-08-22 06:08 | ブルーグラス | Comments(0)
2016年 08月 18日

Spanish Two-Step : Charlie Waller (January 19, 1935 – August 18, 2004)

e0239934_1052715.jpg
8月18日は Charlie Waller の命日、2004年ですから早や12年が経ちます。

彼を偲んでボブ・ウィルスの Spanish Two - Step、レコーディング・データは下記のとおり
Syracuse University,New York
February23,24 & 25,1965
Charlie Waller-guitar
Eddie Adcock-banjo
John Duffey-mandolin
Ed Ferris-bass

[PR]

by duffey | 2016-08-18 06:07 | ブルーグラス | Comments(0)
2016年 08月 01日

Little Cabin On The Hill-Rob Ickes & Trey Hensley

e0239934_22405145.jpg
ロブ・アイクスと云えば、今や押しも押されぬブルー・ハイウェイのドブロ奏者、そしてブルーグラスの範囲を超え他のアーティストとのコラボ・アルバムも多数。

片方のトレイ・ヘンズリーさん、初めて聞くお名前、なんでもギターがメチャ上手くヴォーカルも・・・

2014年の共作アルバム before the sun goes down からレスター・フラットとビル・モンロー共作の Little Cabin On The Hill

このお二人先月2枚目のアルバム「The Country Blues」がリリースされたそうな。


[PR]

by duffey | 2016-08-01 12:35 | ブルーグラス | Comments(0)
2016年 07月 29日

Will You Be Lonesome Too?-Benny Martin & Lester Flatt

e0239934_9275621.jpg
以前のブログ記事 Tennessee Jubilee から Will You Be Lonesome Too? 無論リード・ヴォーカルはレスター・フラットさん!

このアルバム、発売されて40年経つが飽きないです、隠れた名盤では・・・


[PR]

by duffey | 2016-07-29 06:16 | ブルーグラス | Comments(0)
2016年 07月 27日

Will You Be Lonesome Too? -The Earls of Leicester

e0239934_9242815.jpg
Earls of Leicester の新作 Rattle & Roar、彼らのサイト直にオーダーしたところ、メンバーのサイン入りの空ケースとともに先週届いた。

そこから1曲、The Delmore Brothers の曲 Will You Be Lonesome Too?


[PR]

by duffey | 2016-07-27 06:07 | ブルーグラス | Comments(0)
2016年 07月 25日

Bowling Green-Sam Bush

e0239934_20405657.jpg
6月にリリースされた Sam Bush の新作「Storyman」 から1曲 Bowling Green

このお方 Sam Bush さんのマンドリン、腰に据えてコードを弾くかのようなソロがいつもながら素晴らしい!
e0239934_1231791.jpg

サムさん、やはり低いです
e0239934_123210100.jpg

ここで♩〜チータカ♩〜チータカと弾かれる、そして「ソルジャース・ジョイ」のフレーズを混ぜるフィドルはさすが、幼少時に全米フィドル・チャンピオンを獲得したセンスだ!

メンツは以下の方々、皆さんすごいよ!
Chris Brown-drums
e0239934_2048642.jpg

Scott Vestal-banjo
e0239934_20492838.jpg

Stephen Mougin-guitar,vocals
e0239934_20505734.jpg

Todd Parks-bass,vocals
e0239934_20514718.jpg

Sam Bush-mandolin,fiddle,guitar,vocals
e0239934_20525292.jpg



[PR]

by duffey | 2016-07-25 06:11 | ブルーグラス | Comments(4)
2016年 07月 15日

Lost Highway-Clarence White

e0239934_21381318.jpg
クラレンス・ホワイトが事故死してから、今日7月15日で早や43年が経ちます。

彼を偲んで1曲、”The Blind Balladeer” と呼ばれた盲目のシンガー・ソングライター、レオン・ペイン Leon Payne (June 15, 1917 – September 11, 1969) の作品 Lost Highway

彼の曲他にも I love You Because など、ハンク・ウィリアムス他、多くのカントリー・アーティストにカヴァーされてます。

ここでは兄ローランドのマンドリンをバックに朗々と歌い上げてます。


[PR]

by duffey | 2016-07-15 06:12 | ブルーグラス | Comments(2)