イン マイ ルーム.COM

duffey.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ブルーグラス( 260 )


2017年 12月 02日

超ブルーグラス入門

e0239934_2127317.jpg
差し出がましい、のは承知のうえで・・・・

「超ブルーグラス入門」というブログ、ブルーグラス音楽に関心が出始めた方、いやどっぷり浸かっている方にも是非のぞいていただきたい。管理人が序文で仰っている通り、あまりにもこの辺りの音楽のガイド本がありません、いやあっても敷居が高いモノが殆どです。読んでいただけば必ず糧になる事間違いありません。私みたいなプレイヤーではないリスナーにはほんと為になります。

少しでも関心がある方は こちら をクリックして入ってみましょう。

話は変わり今月10日は、ジョン・ダッフィー没後21年を迎えます、62歳で逝ってしまうとはあまりにも早すぎます・・・1曲聴きましょう。

[PR]

by duffey | 2017-12-02 06:04 | ブルーグラス | Comments(0)
2017年 11月 28日

The Streamline Cannonball - Sutton, Holt And Coleman

e0239934_1716202.jpg
2013年7月18日の記事の再投稿、他の動画が著作権侵害とされて私のYouTubeが閉鎖されちゃいましたので・・・

当代トップクラスのフラット・ピッカー Bryan Sutton、 フォーク系マルチ・アーティスト David Holt、そしてドック・ワトソンのサポート・ミュージシャンとして名を馳せた T.Michael Coleman、この3人のスーパー・グループがドック・ワトソンに捧げたアルバム Ready For The Times

そこから先ず1曲、知る人ぞ知るロイ・エイカフの作品 The Streamline Cannonball


[PR]

by duffey | 2017-11-28 06:16 | ブルーグラス | Comments(0)
2017年 11月 16日

Darlin' Cory - Cluster Pluckers

e0239934_1655326.jpg
何回か来日もしている女性ボーカル癒し系ブルーグラス・バンド、クラスター・プラッカー ズ1989年のデビュー盤から Darlin' Cory

タイトルはトラッドの Darlin' Cory ですがメロディーは Flatt & Scruggs の Cora Is Gone ですね。

[PR]

by duffey | 2017-11-16 06:20 | ブルーグラス | Comments(0)
2017年 11月 13日

Walk Right Back - Chris Hillman

e0239934_2152024.jpg
Chris Hillman 7年ぶりのアルバム 'Bidin' My Time' から1961年 エヴァリー・ブラザーズのヒット曲 Walk Right Back

この曲結構カヴァーされてます、ボビー・ヴィーとヴェンチャーズ、グレン・キャンベル、アン・マレー、そして日本では竹内まりや・・・・

Chris Hillman-lead vocal
Herb Pedersen-harmony vocals, acoustic guitar
John Jorgensen-lead acoustic guitar
Mark Fain-upright bass
Steve Ferrone-drums

[PR]

by duffey | 2017-11-13 06:05 | ブルーグラス | Comments(0)
2017年 08月 27日

Raised By The Railroad Line - John Starling & The Seldom Scene

e0239934_1048117.jpg
セルダム・シーン結成15周年を記念し、政府高官も招き多彩なゲストも参加した1986年のアルバム 15th Anniversary Celebration

ジョン・スターリングをリード・ヴォーカルに迎えたポール・クラフトの名曲・・・といっても彼らのデビュー・アルバム Act1 で初めて聴いた Raised By The Railroad Line

Banjo – Ben Eldridge
Dobro, Vocals – Mike Auldridge
Double Bass [Upright] – Tom Gray
Fiddle – Bobby Hicks
Guitar, Vocals – John Starling
Mandolin, Vocals – John Duffey

[PR]

by duffey | 2017-08-27 12:17 | ブルーグラス | Comments(0)
2017年 08月 18日

Two Little Boys - The original Country Gentlemen

e0239934_09565381.jpg
今日18日は CHARLIE WALLER の命日、2004年ですから日本で言うところの十三回忌ですね。

1982年リリース The Greatest Show On Earth BLUEGRASS と大そう大袈裟なタイトルのアルバム、The Seldom Scene, The Country Gentlemen, The New South, 新旧のメンバーが一堂に会したライブ盤。

そこから The original Country Gentlemen で Two Little Boys

リード・ヴォーカルは CHARLIE WALLER !!  このライブ盤で聴かれる彼の声量、悲しいかな衰えを感じるのは私だけ・・・・?


[PR]

by duffey | 2017-08-18 06:13 | ブルーグラス | Comments(0)
2017年 07月 28日

Mixed Up Mess of a Heart - Flatt Lonesome

e0239934_21232220.jpg
牧師を父親に持つ Robertson 3姉弟、 Kelsi、Buddy、Charli を中心としたブルーグラス・バンド Flatt Lonesome

クラシックとプログレッシブなブルーグラス、カントリー・サウンド、そしてゴスペル、と幅広いレパートリーのバンドのようです

前回記事のアルバム Runaway Train から
Mixed Up Mess of a Heart

余談ですが、BOMサービスさんのFBで第28回 IBMA の情報がありました、このバンド Flatt Lonesome が [年間最優秀エンターテイナー]、[年間最優秀ボーカルグループ]にノミネートされたそうな。

Kelsi Robertson Harrigill – mandolin, vocals
Charli Robertson – fiddle, vocals
Buddy Robertson – guitar, vocals
Paul Harrigill – banjo
Dominic Illingworth – acoustic bass
Michael Stockton – resophonic guitar





[PR]

by duffey | 2017-07-28 06:14 | ブルーグラス | Comments(0)
2017年 07月 24日

Still Feeling Blue - Flatt Lonesome

e0239934_17571873.jpg
2014年IBMA年間最優秀新人賞、さらにボーカル・グループ・オブ・ザ・イヤー、このアルバムでアルバム・オブ・ザ・イヤー、アルバム収録曲 Dwight Yoakum の“You’re The One,” でソング・オブ・ザ・イヤー獲得と大活躍のフラット・ロンサム

2015年のアルバム Runaway Train からカントリー・ガゼットでおなじみグラム・パーソンズの Still Feeling Blue


[PR]

by duffey | 2017-07-24 06:11 | ブルーグラス | Comments(0)
2017年 07月 15日

Huckleberry Hornpipe - Country Gazette feat.Clarence White

e0239934_6443240.jpg
酔っ払いの車に撥ねられ事故死してから今日7月15日で早や44年の Clarence White、健在であればまだ73歳! 誠に惜しい、悔しい・・・

Country Gazette 1973年のアルバム "Don't Give Up Your Day Job" にクラレンスを招いてのテイク Huckleberry Hornpipe があります、この曲に何度針を落として聴いたことか、1分34秒〜2分19秒で聴かれるクラレンスのギター・プレイ、圧巻ですっ!


[PR]

by duffey | 2017-07-15 06:44 | ブルーグラス | Comments(6)
2017年 06月 26日

Sweet Memory Waltz - Eric Uglum/Christian Ward/Austin Ward

e0239934_1736545.jpg
以前のブログ記事から1曲 Sweet Memory Waltz

この曲 Byron Berline 1995年のアルバム「Fiddle & a Song」に挿入されてる、作者には Byron Berline とJack Skinner のお名前が・・・


[PR]

by duffey | 2017-06-26 06:17 | ブルーグラス | Comments(0)