イン マイ ルーム.COM

duffey.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:John Duffey( 59 )


2017年 12月 10日

12月10日はジョン・ダッフィーの命日

e0239934_22355539.jpg
2011年12月10日の記事の曲 再投稿。

12月10日は John Duffey の命日、1996年ですから没後21年を迎えます、合掌。

アルバム「act four」から John Duffey のソロ・ヴォーカルで San Antonio Rose、曲の説明は無用でしょう、が、ボブ・ウィルスの当たり曲です。

彼等のバンド、テキサス・プレイ・ボーイズでは歌詞を付けると頭に New が付きます・・・・・トミー・ダンカンのヴォーカルが洒脱です。

John Duffey-vocal,mandolin
Phil Rosenthal-rhythm & lead guitar
Mike Auldridge-dobro
Ben Eldrige-5string banjo
Tom Glay-bass

[PR]

by duffey | 2017-12-10 06:15 | John Duffey | Comments(0)
2017年 08月 15日

Open Up The Window, Noah - The Seldom Scene

e0239934_17354891.jpg
The Seldom Scene 1983年のアルバム At The Scene からリード・ヴォーカル Phil Rosenthal の作品 Open Up The Window, Noah

このアルバム後1986年からベースはTom Gray から T. Michael Coleman へ、ヴォーカルは Lou Reid へメンバー変更

まったくの個人的意見です、これ以降このバンドのアルバムあまり聴きません、ただ1993年 John Starling が一時復帰したアルバムは別です。
1986年からのヴォーカル、Lou Reid, Moondi Klein, Fred Travers, の方々のこぶしを回すヴォーカルがどうも好きになれません、ダッフィーさんが何故メンバーに組み入れたのでしょうか・・・・



[PR]

by duffey | 2017-08-15 06:20 | John Duffey | Comments(2)
2016年 12月 10日

Silence or Tears-The Country Gentlemen

e0239934_21572682.jpg
今日はジョン・ダッフィー20回目の命日、前回記事に引き続き彼のヴォーカルを、Silence or Tears

この曲、カントリー・ジェントルメンのベース奏者トム・グレイと、高校時代に組んでいたブルーグラス・バンド Rocky Ridge Ramblers のマンドリン奏者 Jerry Stuart が、イギリスの詩人ジョージ・ゴードン・バイロン卿の詩から引用、メロディーをトムが付けたとさ・・・ビル・クリフトンとレッド・レクターのバージョンもあるよ・・・

Washington,DC November 6,1961、この日のレコーディングは以下の8曲
Two Little Boys
Willie Roy, The Cripple Boy
Sunrise
Silence Of Tears
Country Concert
These Men Of God
Down Where The Still Waters Flow
Nobody's Business

Charlie Waller-guitar,vocal
John Duffey-mandolin,vocal
Eddie Adcock-banjo,vocal
Kenny Haddock-dobro
Tom Gray-bass

[PR]

by duffey | 2016-12-10 08:01 | John Duffey | Comments(0)
2016年 12月 07日

Nobody's Business-The Country Gentlemen

e0239934_18374124.jpg
The Country Gentlemen,The Seldom Scene, とブルーグラス界に大きな影響を与えた2つのバンドを創り上げ、あのサム・ブッシュをして「ニュー・グラスの父」と言わしめたジョン・ダッフィー(享年62)、彼が亡くなって10日は没後20年を迎えます。 うわ〜早ぇ〜

Starday録音全51曲収録のアルバム「High Lonesome; Complete Starday Recordings」から Nobody's Business

Recorded:Takoma Park,MD May13,1959
Charlie Waller-guitar,vocal
John Duffey-mandolin,vocal
Pete Kuykendall-banjo,guitar(dubbed),vocal
Tom Gray-bass


[PR]

by duffey | 2016-12-07 06:22 | John Duffey | Comments(0)
2016年 10月 04日

A Cold Wind A'Blowin'(1964)-The Country Gentlemen

e0239934_1642650.jpg
前回記事の曲 Cold Wind A Blowing、アルバム nashville jail に別バージョンがあります。
タイトル、そしてイントロが変更になってますね・・・って云うかこちらの方がレコーディングは古いんですよね。

Recordings-Falls Church,Virginia,June and July,1964

[PR]

by duffey | 2016-10-04 06:22 | John Duffey | Comments(0)
2016年 10月 03日

Cold Wind A Blowing-The Country Gentlemen

e0239934_162120.jpg
4枚組CDボックス、The Early Rebel Recordings 1962-1971から、さらにもう1曲


[PR]

by duffey | 2016-10-03 05:58 | John Duffey | Comments(0)
2016年 09月 30日

Azzurro Campana-The Country Gentlemen

e0239934_13463039.jpg
前回記事の曲、その別バージョン、1964年のレコーディング、曲名も Azzurro Campana(アズーロ・カンパーナ)、イタリア語で青い鐘と云うらしい、だから英語表記では Blue Bell か・・・・ソロの順序がリード・ギターとマンドリンを弾くジョン・ダッフィーの持ち替えのせいか Blue Bell とは違う・・・

Recordings-Falls Church,Virginia,June and July,1964

[PR]

by duffey | 2016-09-30 05:58 | John Duffey | Comments(0)
2016年 09月 29日

Blue Bell-The Country Gentlemen

e0239934_11104568.jpg
4枚組CDボックス、The Early Rebel Recordings 1962-1971から、インスト曲 Blue Bell

Recorded-Baltimore, Maryland,June 15-16, 1966
bass-Ed Ferris

[PR]

by duffey | 2016-09-29 05:58 | John Duffey | Comments(0)
2016年 09月 27日

Ubcle Joe(1964)-The Country Gentlemen

e0239934_10423935.jpg
前回記事の曲 Uncle Joe、Pete Kuykendall プロデュースによりリリースされてるアルバム「nashville jail」に別バージョンがあります、こちらの方がテンポが気持ち早いですね。

Recordings-Falls Church,Virginia,June and July,1964

[PR]

by duffey | 2016-09-27 05:53 | John Duffey | Comments(0)
2016年 09月 26日

Ubcle Joe(1965)-The Country Gentlemen

e0239934_9413999.jpg
殆んどリード・ヴォーカルをとらないエディー・アドコックが歌ってる Uncle Joe、この曲songwrighter として彼の名前が記されてます。

Recording:Syracuse University,New York,February23,24,25,1965
bass-Ed Ferris

[PR]

by duffey | 2016-09-26 06:03 | John Duffey | Comments(0)