2013年 11月 25日

Limehouse Blues-Don Reno & Bill Harrell With The Tennessee Cut-Ups

e0239934_2333720.jpg
Don Reno(1927〜1984)のバンジョーが堪能できる曲 Limehouse Blues
シングル・ストリング奏法、コード奏法、スリー・フィンガー、などを駆使した彼独特の "レノ・スタイル" のバンジョーを聴きましょう。

余談ですが知ってる人は知っている有名なお話、ドン・レノが徴兵されたため、代わりに同じスナッフィー・ジェンキンスの門下生アール・スクラッグスが"ブルーグラス・ボーイズ"に入ったそうで・・・そのままドン・レノが入っていればねぇ〜???


[PR]

by duffey | 2013-11-25 00:05 | ブルーグラス | Comments(6)
Commented by Dr.SCOOP at 2013-11-25 09:22 x
>そのままドン・レノが入っていればねぇ〜???

きっとブルーグラスはもっとジャージーな音楽になっていたことでしょう?
Commented by duffey at 2013-11-25 11:12
Dr.SCOOPさん
スクラッグスさんは確かにグレートだけど、レノさんのプレーは遊び心があり楽しい、私はこちらが好み〜!
Commented by もっく at 2013-11-25 22:23 x
私の持っているビルさんのCDセットに付いていた全部英語の冊子。
適当に拾い読みすると…
ある夜、ブルーグラス・ボーイズ一行が乗ったブレイクダウン号が峠道にさしかかったとき、突然ビルさんが催して「用を足したい!」とのたまったそうです。
ドンちゃんやみんなが、外は暗えし、坂は急だし、危ねえし、峠を抜けてからにすっべぇ、といくら説得しても「リーダーは、いってえ誰だと思ってやがるんでぇ?」と妙な理屈を引っ張り出して来て、頑として聞き入れません。
やむを得ず停車すると、あろうことか、ビルさん谷間にズリズリ落ちて行くではありませんか。
言わんこっちゃない!
みんなで、ブツブツ言いながら、泥んこになって引きあげたことがあったそうです。
まぁ、個性強い、お互いなかなか譲らない人たちが揃ってたようです。
Commented by オ 寒 at 2013-11-26 06:28 x
見事な個性であるな。

この人と組んだ、ハレルやレッド・スマイリーなど、好きだなぁ。
Commented by duffey at 2013-11-26 11:30
もっくさん
そのような事があったんですね!仰る通り個性の強い方々ですね〜
いつも為になる貴重な情報ありがとう!!
Commented by duffey at 2013-11-26 11:31
オ寒さん
素晴らしい!!ですよねっ!


<< Follow The Lead...      Fox Run The Hen... >>