イン マイ ルーム.COM

duffey.exblog.jp
ブログトップ
2013年 06月 18日

王禄 意 宇(おう)- 島根県松江市

e0239934_20441214.jpg
珍しい日本酒を入手しました、王禄さんのサイトではこのような能書きが

【50%精白純米大吟醸酒 麹米、掛米ともに山田錦
出雲国引き神話では、国主八束水臣津野命が日本国を観念的に造り上げた瞬間、
持っていた杖を突き立てて「おう!」と叫んだと言います。
その場所は”意宇の杜”といわれ、東出雲町には意宇川という川が現在も流れています。
神々の集うこの地に漂う神秘的な空気を象徴し、
この土地に根ざした酒造りをしたいという考えの基に命名しました】
[PR]

by duffey | 2013-06-18 00:05 | 日本酒 | Comments(9)
Commented by タウン・ワンダー at 2013-06-18 06:51 x
山田錦に17.5%・・・まさに「おう!」ですね。流石、出雲の国の銘酒なのか?

で・・・お味の方はいかがでしたかな?
Commented by オ 寒 at 2013-06-18 07:14 x
この時期、濃いやつを、冷やしてキュッ!

たまりませんな・・・・で、やはり、お味は?
Commented by Dr.SCOOP at 2013-06-18 10:35 x
昨日、またまた下戸の私に「雪中梅」をいただきました。
「下戸」だから、味わって飲んでいただける、のだそうです。
たしかに大酒飲みは味わうというより、流し込む、と言った感じなのでしょうね?
Commented by duffey at 2013-06-18 18:19
タウン・ワンダーさん
オ寒さん
失礼ながらお二人にはこちらのコメ返で。

「王禄」は既にご存知のとおり酸が強いのが特徴ですよね、こちらの"意宇"は酸弱め、ゴクリの後に程よい柑橘系の甘みが、そして芳醇! でした。
Commented by duffey at 2013-06-18 18:22
Dr.SCOOPさん
自分では"大酒飲み"とは自覚してませんが、決して"流し込む"飲み方はしません、お酒に"失礼"ですから(笑)、でも結構吞んじゃう・・・
Commented by billmon45 at 2013-06-19 14:51
酸度1.8ですね。夏場には、やや酸味のある方が飲み易いかも知れませんね。
わたしの好きな李白も島根のお酒です。
気候風土、水、、、で地域の共通性が出るらしいですね。

しかし、日本酒のラベルもハイカラ(古)になっていますね。
昔は筆文字だけが多かったような。笑
Commented by duffey at 2013-06-19 16:16
billmon45さん
「李白」知りませんんでした、サイト見ました旨そうな酒が・・・・
昨夜の「ガイアの夜明け」でも日本酒の海外進出を取り上げてましたが、海外販売も積極的な酒蔵ですね。
Commented by billmon45 at 2013-06-19 16:32
Yoshie Sakamoto & Her Blue Side of Lonesome
北陸ブルーグラス・フェスティバルでの歌と演奏です。
こちらに来られる皆さんも宜しかったら、御覧下さい。

最近の日本のフェスの主流になりつつある「ワン・マイク・セッティング」です。

録音的には今イチかも知れませんが、ビジュアル的には面白いですよね。
暫くしたら動画は削除致します。
(古いデジカメなのでそこんとこはヨロシクです。笑)

http://youtu.be/VPUhIWZFTcs
Commented by duffey at 2013-06-19 17:44
billmon45さん
聴きました、見ました! フェスティバルは良いな〜
ビジュアル的には、下に振ったカメラの先にはアールが気持ち良さそうに・・・Good!!


<< 惣誉 生もと純米大吟醸 - 栃...      Never Ending So... >>