イン マイ ルーム.COM

duffey.exblog.jp
ブログトップ
2012年 10月 08日

Philadelphia Lawyer-The Country Gentlemen

e0239934_9142844.jpg
以前のブログのこのアルバムから1曲 村上春樹氏が「アメリカの国民詩人」と定義付けた、"アメリカの良心"ウッディ・ガスリーの作品 Philadelphia Lawyer(Reno Blues)をジョン・ダッフィーのソロ・ヴォーカルで。


[PR]

by duffey | 2012-10-08 00:05 | John Duffey | Comments(6)
Commented by もっく at 2012-10-08 14:17 x
エディ・アドコックのスリー・フィンガー、はっちゃけてますね。
このノリ、快感!
Commented by duffey at 2012-10-08 15:35
もっくさん
彼のバンジョーはドン・リノ直系で、チェット・アトキンスのギャロッピング奏法に影響されてます。
カントリー・ジェントルメン時代の「サンライズ」、「ナイト・ウォーク」などはスウィングしてますよ〜
Commented by オ 寒 at 2012-10-09 06:33 x
>「ナイト・ウォーク」

名曲・名演!

この人の、スリーフィンガーは好物だ!よん。
Commented by Dr.SCOOP at 2012-10-09 09:53 x
感涙ものです。
エディ・アドコックのバンジョーは他の誰とも同じものではありません。イントロが流れてきただけですぐに判ります。
トム・グレイのベースも素晴らしい!
そして何より、ジョン・ダフィのボーカルは秀逸です。
嗚呼、カントリー・ジェントルメン…。
Commented by duffey at 2012-10-09 16:30
オ寒さん
然り! 云うこと無し!
Commented by duffey at 2012-10-09 16:30
Dr.SCOOPさん
そうですねっ!  嗚呼、カントリー・ジェントルメン…。


<< Philadelphia La...      Brown Mountain ... >>