2012年 05月 27日

Here Today And Gone Tomorrow-Laurel Canyon Ramblers

e0239934_16285234.jpg
ハーブ・ピダーセン率いていた「Laurel Canyon Ramblers」1996年のアルバム Blue Rambler 2 から Jim Ed Brown の作品 Here Today And Gone Tomorrow

この曲の作者 Jimさん、カントリーの兄妹バンド「ザ・ブラウンズ」のお兄さん、The Three Bells (谷間に三つの鐘が鳴る)など多数のヒット曲があります。
Herb Pedersen-vocal,banjo,guitar,dobro
Bill Bryson-vocal,bass
Billy Ray Lathum-vocal,guitar
Kenny Blackwell-vocal,mandolin
Gabe Witcher-fiddle

[PR]

by duffey | 2012-05-27 00:05 | ブルーグラス | Comments(8)
Commented by billmon45 at 2012-05-27 00:38
げげっ! このCDの最後の曲、RU4-Reel
私が随分前ローカルFM局でブルーグラス番組をやっていた時のオープニング・テーマ曲でした。そして、何と今日このCDを久しぶりに聞いたところでした。何と奇遇な!
あ〜、懐かしいです。良いですよねこのCD!
因みに、クロージング・テーマは、Gene Parsons の Kindling の1曲目、Monument でした。
Commented by duffey at 2012-05-27 08:22
billmon45さん
奇遇でしたね!
番組持ってたんですか、しかもブルーグラスの番組を! げげっ!
新宿の輸入レコード店「新宿レコード」で買ったKindlingはクラレンスが亡くなった1973年のリリースでしたので記憶に残ってます、もう40年近くになるんですか・・・、Monumentは奇麗なメロディですね。
Commented by タウン・ワンダー at 2012-05-27 08:40 x
「Here Today And Gone Tomorrow」のバンジョーとても私ごのみです。

↑billmon45さん、FM局でブルーグラス番組をやっていた。に驚き!といつも見るコメントの良さがうなずけました。!!
Commented by duffey at 2012-05-27 10:01
タウン・ワンダーさん
そう、驚きですよね! 
仰るとおり billmon45さんのコメントうなずけますね。
Commented by billmon45 at 2012-05-27 17:59
duffeyさん、タウン・ワンダーさん。

お恥ずかしいです。とにかくブルーグラスの良さをひとりでも多くの人に知ってもらいたかったんです。局(コミュニティFM)の所長さんも「ほほ〜、グリーングラスですか?どんな音楽です?」って感じでした。笑
その名前すら知られていない事に淋しさを感じました。。。。

全てド素人の私でしたが、知人に助っ人を頼み100%自分達で作りました。収録も全部。局の人は一切ノータッチでした。30分番組を2年間やりました。 放送の効果は・・・あはは!

でも、決してブルーグラスに詳しい訳でもないし、持っている音源も少ないです。最後にはかける曲がなくなった・・・みたいな。
丁度10年くらい前の話です。
みなさん、どうも!どうも!です。(恥)
Commented by duffey at 2012-05-27 20:16
billmon45さん
手作りの番組を2年間も、ご苦労があったでしょうね。
お話、曲選び、30分に収める時間割、などなど・・・
ブルーグラス宣教師さん! これからもコメントよろしく!
Commented by オ 寒 at 2012-05-28 05:18 x
なんだか、いい話だねぇ。

マンドリンのハイポジのトレモルが美しい!
Commented by duffey at 2012-05-28 15:50
オ寒さん
いいねぇ~ 
好きな音楽の番組を・・・・一度くらい経験したいねぇ~


<< Here Today And ...      山田屋まんじゅうー松山市 >>